旅する絵のギャラリー|HANSAM

旅する絵のギャラリー

生きる希望にあふれた絵画たちは、
まるで「幸せを運ぶ、青い鳥」のように、
見る人に癒やしと感動を与えながら、
日本中を旅して回ります。

Go to NEXT...
旅する絵のギャラリーとは

依頼があればどこにでも。あなたが働く会社のロビーや、
あなたの街の病院の待合室が、特別なギャラリーに変身します。
そして絵画たちは語りかけます。

( 旅する絵のギャラリーは現在開発中です。)

私は誰でしょう

作品についているQRコードにスマートフォンやタブレットを
かざしてみてください。作者が歩んできたドラマチックな人生
を知って励まされ勇気づけられることでしょう。

デジタル美術館&旅する絵のカフェ
デジタル美術館&旅するカフェ

インターネットの美術館には様々なアーティストの作品を展示。
依頼があれば素敵な作品をレンタルでお届けします。

「旅する絵のカフェ」は、インターネット上の特別な交流サイトです。
お気に入りの美術館には、心安らぐカフェがあるように。作品に心を揺さぶられた人たちが気持ちをカキコミでき、 作者にメッセージを贈ることもできます。絶望的な気持ちになったとき、どうやって前向きになれたのか、 とっておきの知恵を教え合うこともできます。 1枚の作品を通して大切な出会いが生まれ、心の交流が生まれることを願っています。

設立趣旨

私たちは、障がいや病気、さまざまな困難がありながらも、日々を自分らしく豊かに生きようとする人々と支え合い、 共に未来を創造する仲間を一人でも多く増やしていきたいと考えています。

彼らや彼女たちと共にいると、ハンディキャップは個性に、コンプレックスは逆境に立ち向かう情熱に姿を変えていることに気づかされます。 「ふつうの生き方」へのこだわりなど捨てても幸せは手に入れられるのです。 その生き方は、私たちが持続可能な社会を創出していく際に必要不可欠な“新しい価値観”へのヒント、 不寛容な現代社会を変えていくアイデアにあふれています。

しかし、残念ながら、その才能を磨き情熱を傾けられる場や、優れた作品を発表し、羽ばたくチャンスは決して多くありません。 障害のあるなしにかかわらず、才能は周囲の人々と思いを共有することで初めて生かされるものなのです。

私たちは、インクルーシブ(排除されない。共に生きる)な仕組みを作るために、どんなサポートができるのかを考え、 一緒に行動してくださる方々を募り、埋もれている才能を発掘し、活躍を見守り続けたいと願います。

団体概要
団体名
一般社団法人 障がい者スポーツ・アート・ミュージック振興協会
association for HANdling the promotion of Sport, Art, and Music activities for people with disabilities
通称 HANSAM(ハンサム)
所在地
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-10-15 NV1ビル 9F
設立
2015年12月1日
代表理事
池田 武史
webサイト
https://hansam.or.jp
お問い合わせ
HANSAM